注目キーワード
  1. 引き寄せ
  2. 手相
  3. ヒーリング
  4. 音叉

先日、友人から

「占いって、どうなの?」

と聞かれました。

 

「当たるのか、当たらないのか」

という観点からみると

「当たることもある」

という感じでしょうか(笑)

 

よく当たる「能力の高い」占い師は…?

 

よく当たる占い師、という人も沢山いますが

よく当たる占い師は、

それだけ「能力」をもっている人なので

「闇の能力」を使っている場合もあります。

 

私自身の感覚ですが、

「何かイガイガする感覚の人」

ちょっと違う…と思っています。

 

なぜなら、そこに「愛」を感じないからです。

「愛」ではない感覚がある人は

能力が高い人でも、

この人は違うな…と私は感じます。

 

私も手相をやっているので、

手相も占いといえば占いなのですが、

私の場合の手相はちょっと違い、

相手のスピリットにチャネリングして、

その人に、その時、必要なアドバイスの線が

強調されるので、それを伝えるようにしています。

 

相手のスピリットにつながる…というのは

言ってみれば、「本人に聞いている」ということです。

 

なぜなら、誰でもない「本人」が

一番知っているからなのですが…。

 

結局は自分次第

ただ、これだけは言えます。

 

結局は「自分次第」だということ。

 

占いで、あなたが聞きたい答えは、

実は、あなた自身が一番知っていることなので

人に聞くまでもない…ということなのです。

 

現代の三次元まみれの世界にいると

自分しか知らないことなのに

それが、わからなくなってしまっているだけ

のことなのです。

 

そして、目の前に繰り広げられている世界は

「自分が望んで作り出している現実」

であるということに気づくことです。

 

もし、イヤなことが目の前で起きていたら

それは、自分が作り出しているということに

意識を向けることができれば、

その現実から離れることができるのです。

 

ということは、

「占い」は、あまり意味がない

…ということに、なりますよね。

 

自分で、好きなように

現実が変えられるわけですから(笑)

 

自分で現実を変えるためには?

 

自分で現実を変える一番簡単な方法は

「自分の波動をあげること」です。

 

波動があがると、

別のパラレルワールドに移ります。

 

人は、1秒間に何億回と、

いろんなパラレルワールドに移行していると言われています。

 

他のパラレルワールドに移行したことが

実感できる人に言わせると

「さっきまで、1枚の葉っぱが緑だったのが

 少しだけ黄色になっていたりして、

 ほんの少しだけ、違う世界だということが

 わかる印がある」

といいます。

 

パラレルワールド(parallel world)とは、ある世界(時空)から分岐し、それに並行して存在する別の世界(時空)を指す。「異世界」、「魔界」、「四次元世界」などとは違い、パラレルワールドは我々の宇宙と同一の次元を持つ。SFの世界でのみならず、理論物理学の世界でもその存在の可能性について語られている。(引用:Wikipedia)

 

イヤなことが起きている

パラレルワールドがあるということは

イヤなことが起きていない

パラレルワールドもあるので、

波動をあげることで、イヤなことが起きていない

パラレルワールドに移行することが

できるのです。

 

「波動をあげる」一番簡単な方法は、

「今、この瞬間にいる」ということ。

 

 

それでも、なかなか思考が邪魔して難しい人は

物理的に、音叉の周波数で共鳴させて

波動をあげてしまうこともできます。

 

もちろん、ユニバーサル・スフィア®でも

波動を変えられますが、

思考が邪魔する人は、

ユニバーサル・スフィア®自体も

目に見えないということで信じられないと思うので

音叉のような「音」で、物理的に波動を変えることが

おススメです。

 

 

 

ユニバーサル・スフィア®の最新記事8件

>Practice♡Love公式メルマガ -CHARM WOMAN-

Practice♡Love公式メルマガ -CHARM WOMAN-

ブログでは公開していない内容や、幸せをつかむための「ちょっとしたコツ」や、おすすめグッズのご紹介等を配信しています♡

CTR IMG