「相手を尊重する」のではない。

今日降りてきた言葉

「相手を尊重する」
ということは大切です。

でも、

「尊重というのは、
相手だけにするものでは無い」

ということに気づいてください。

もし、あなたが

「相手を尊重して
思いやりをもつべきだった」

という思考を持っていたならば

「お互いを尊重して
お互いに思いやりを持てばよかった」

という意識に変えてください。

なぜなら、
あなたは、相手であり
相手は、あなた…なのですから。

 

「相手を尊重すること」

 

今の私にとって、

この言葉は、どうも【違和感】があります。

 

もちろん、大切な事だし、

尊重すべきだとは思います。

 

でも、【違和感】を感じるのです。

 

ある夫婦の口論の例

たとえば、

妻:洗濯物は、きちんと間隔をあけて干すべき!
夫:厳密にあけなくても大丈夫!乾けばOK!

 

こんな、どうでもいい内容で

夫婦が口論したとします。

 

この場合、夫が後から振り返り

「君を尊重して、自分の考えは抑えるべきだった」

と言ったとします。

 

でも、もし、私が妻だったら

「なんで、私を尊重するのよ。
もちろん、私の言っていることも正しい。
でも、あなたの言っていることも正しい。
だから、何も尊重する必要なんかないし、
自分の意見を抑える必要もない」

と、つい言いたくなります(笑)

 

どっちの意見も尊重されるものであって、

【どっちか片方だけが尊重される】

っていうのが、違和感があるのです。

 

すべてを「尊重する」ということ

 

「あなたを尊重して、自分の考えは抑えれば良かった」

なんて言われると、

なんか、嫌な気分が残ります(苦笑)

 

この例でいえば、

本当に【どちらも正しい】んですよね。

 

だから、どちらも尊重されていいんです。

すべてを尊重すればいいんです。

 

自分の意見だけを主張して

相手の意見をつぶそうとするから

おかしくなるんです。

 

自分の意見は正しい。

あなたの意見も正しい。

面白いね、そういう意見もあるんだね。

 

それでいいんです。

ブログの最新記事8件

>【無料】Kizukiメール講座

【無料】Kizukiメール講座

Kizukiメール講座では、30日間、完全無料で、あなたに「Kizuki」をお届けします。「Kizuki」は「気づくこと」と「築くこと」。これに気づかない人が多く、そのことによってエネルギーが滞り、辛い人生を歩んでいる方が本当にたくさんいらっしゃいます。このメール講座で「Kizuki」に「気づける人」になることで、あなたの人生はドンドン変化していきます。完全無料ですので、お気軽にご登録くださいませ♡